私の中 子供の頃の私 そして母

私の中の 子供の頃の私は 泣いていた

 

昔の自分を許せると幸せだねっていわれた

 

許すってなに?

 

カウンセリング受けてる時は、私いつも泣いちゃう。

なぜ泣くのか、

人に話して受け入れてもらえるか、という不安な気持ち

話しを聞いてもらえた安心感

 

話してるうちに辛かったことが思い出されて、

悲しい感情が胸の底から湧き上がってくる。

短期記憶苦手なのに、昔の嫌な経験だけはすごく覚えてる

 

何が一番辛かった?

 

母に認めてもらえなかったこと

 

 

泣いちゃうのは認めて欲しいと思う自分が暴走しちゃうからなんだろうな

 

私は周りと違う考え方の自分だから一生懸命合わせようとしてた

 でもどこかいつもズレてて

いつもまわりを見て、ズレてる行動をしてないか確認してた

 

なんで出来ないのか。なんで人と違うのか。

 

母もできない私を叱る。人並みを求める。

特に勉強。

 

私は生きる価値のない人間?

 

抜け出したかった

変わろうと決めた。

親に反発した

 

自分の居場所をようやく自分で探すことにした。

色々ぶつかったり困難なことはもちろんあったけど、

楽しいと思うこともたくさんできた。

 

今はたくさん笑って、それなりに幸せ

 

 でも、振り返るとまだ子供の頃の私は泣いている。

だけど、もうすぐ抜け出せそうな気がする。

 

自分の事を認めることが出来たから。

 

今になってわかる事

母は我が子を愛してくれてます

愛情があっても、接し方なんだよなー。